【幼児食】大根と人参の簡単煮物 ~人に言えない節約アイディアレシピ~

このレシピは、業務スーパーを良く利用する方のための「節約アイディア系」レシピです。

業務スーパーで、ある食品を購入し、夕食にした場合に、翌日の朝の為に、この煮物を作っちゃいましょう!

そんな感じのレシピです。

え?意味わからんって?
まぁまぁ、今から詳しく説明しますからw

手間いらずで、簡単にできる煮物なので、節約に興味のある方は是非チャレンジしてみて下さい。

使う材料は、大根、人参、鶏手羽中ハーフ、レンコン、業務スーパーで買ったある一品

大根と人参の煮物を作るための「ある食品」とは?

ずばりっこれです。

業務スーパーで売っている
「チキンの照りっと煮」
これ、箸で簡単にほぐれる程、柔らかくて美味しいチキンです。

裏返した写真を見て頂くと解ると思いますが、チキンを煮込んだタレが意外とたっぷり入ってるんです!

もしかしたら、このチキン。
あなたも食べたことあるんじゃないですか?

この「チキンの照りっと煮」は、湯煎で5,6分温めたら、お皿に移して、戴くだけの簡単チキンなんですが、盛り付ける時に、タレをそのままチキンにかけちゃったりしてません?

それは、実に勿体ない・・・w

タレをかけなくても、チキンはトロトロに煮込まれていて十分マジで、美味しいです。
なので湯煎で温まったら、チキンの入った袋の切り口を、少しだけ開けて、鍋にタレを取り注いでから、お皿にチキンを盛りましょう。

こうして確保したタレをそのまま使う訳です。

業務スーパーで売っている「チキンの照りっと煮」を夕食の献立にします。
夕食が終わり、洗い物も全て終わったら、翌日の朝食用に、煮物を作ります。
この、煮物が今回のレシピですw

大根と人参の簡単煮物の材料 / 量・調理手順

・材料/量

大根、人参、鶏手羽中ハーフ、レンコン、チキンの照りっと煮のタレ

※チキンの照りっと煮2袋分のタレで作ります。

・大根 4/1程度
・人参 1本
・レンコン 握り拳程度のサイズ1個
・鶏手羽中ハーフ 10本程度
・チキンの照りっと煮のタレ 2袋分

・調理手順

まずは、各野菜を刻みます。

人参の皮をむき、乱切りにします。

同じように、皮をむいた大根をいちょう切りにします。

煮物にするので、ちょっと厚めにきります。

れんこんも、サクッと切りましょう。
れんこんは、ちょっと硬いので薄手に切りました。

得に意味はありませんが、鶏肉の写真もアップしておきました。

それでは、準備していた鍋へ、今刻んだ野菜と鶏肉を入れます。

野菜と鶏肉をいれたら、コップ2杯程度の水を入れ、始めは中火か、強火で火にかけます。
※今回は幼児食なので、かなり薄めてます。

沸騰したら、後は弱火でコトコト煮込みます。

鶏肉に火が通り、大根や人参も柔らかくなったら出来上がりです。

30分程煮込んだら、全ての野菜が良い感じになりました。

大分しっかりと、タレが染み込んでいるようです。
イイ感じです。

後は、翌日の朝、もう一度火にかけ、温めてから頂きます。

ぶっちゃけトーク。
夕飯にチキンを食べ、軽く晩酌をし、夕食を済ませてから、この作業に取り掛かった訳ですが・・・

お腹が一杯で満たされている時に料理を作るって、結構しんどいですねぇ~w

空腹の時には、美味しそう~!イイにおいぃ~!って思う鍋からのにおいも・・・

あぁ・・・今いらないな・・・的な感じw

明日美味しく出来上がっていて、お腹も空いている自分に期待です(笑)

朝になりました。
夕べ煮込んで於いた鍋を一度温めます。

それでは、小皿へ盛付ます。

大根と人参の煮物

完成!

ウチの愛息子(王子)の為に、れんこんだけは、細かく刻みました。

盛付てから気付いたのですが、絹サヤか何か中央付近へ緑が欲しい感じがしますね。

まっ、いいかw

大根と人参の簡単煮物を食べた[王子の反応]

おぉっ!!

さすが、業務スーパー製品のタレっ!!

かなり、味を薄めたのですが

ウチの愛息子(王子)が頭に手を当て、とんとんとん!
王子「ぐぅ~!」

ぐぅ~!まで出ましたっ! これは最高です!!

もう、言うことはありません。

業務スーパーの商品の中でも、美味しいと評判の「チキンの照りっと煮」のタレですもん。
そりゃ~美味しいはずですよw

ちょっと思いつきで作った煮物だった訳ですが、なかなかいい感じでした。

あなたも、業務スーパーに行ったら「チキンの照りっと煮」是非食べてみて下さいね。
美味しいですよ~

で、タレで煮物も作っちゃって下さい!
冷蔵庫の中に有る野菜を入れればいいんですから・・・

とっても経済的w

これからも、業務スーパーの「チキンの照りっと煮」に入っている、このタレが、減量されたりしないことを切に願いながら・・・
今回の記事を終えたいと思います。

それでは、今回はこの辺で。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です