【幼児食】ミニトマトと餃子の皮で作る ~クリスピートマトピザ~

このレシピは、余った餃子の皮とミニトマトを使って、ジューシーなミニピザを作ります。土曜日や日曜日に、王子や王妃と一緒に作ったら楽しいよ~♪ って感じのレシピです。

使う材料は、ミニトマト、餃子の皮、ベーコン、コーン、ピーマン、チーズ、ピザソース、パセリ

ミニトマトと餃子の皮で作るクリスピートマトピザの材料 / 量・調理手順

・材料/量

【4枚分の分量です。】

・ミニトマト 2玉
・餃子の皮 4枚
・ベーコン ハーフサイズ1、2枚
・コーン 大さじ4杯
・ピーマン 4/1
・ピザ用チーズ 20~30g
・ピザソース 大さじ8杯
・パセリ(粉末) 少量

※今回は、カゴメのピザソースを使用しました。
 普通のケチャップでも問題ありません。

・調理手順

まずは、各材料を刻んで準備します。

ミニトマトは、四等分にカットピーマンみじん切りにします。
ベーコンは、1㎝幅程度に刻みます。

これで、下ごしらえは完了です。

それでは、餃子の皮に具を盛り付けていきましょう~♪

まず、一度にトースターに入る餃子の皮を並べます。

餃子の皮にトマトケチャップ(今回はカゴメのピザソース)を大さじ1杯半程度伸ばしながら塗りました。

次に四等分にしたミニトマトとベーコンを載せます。

餃子の皮1枚に対して、ミニトマト2切れ、ベーコン2切れづつ載せ、中央へ大さじ一杯程度のコーンも一緒に載せます。

この後、みじん切りにしておいたピーマンを全体にパラパラと載せます。

最後に、ピザ用チーズを餃子の皮1枚に対して大さじ1杯半、若しくは2杯程度の量を載せオーブントースターで5、6分焼きます。

餃子の皮のフチがこんがり焼けたら取り出します。

今回は、250度で6分焼きました。

最後に、ピザの中央付近へパセリを1,2振りしたら完成です。

餃子の皮は薄いので、こんがりと焼き色が付き始めると、あっという間に焦げちゃうので、トースターに入れてから、5分くらいしたら、しっかりとトースターの前で、ピザの焼き上がりを見守りたいところですw

「私、失敗しないので・・・」

いや

「失敗したくないので・・・w」

ミニトマトと餃子の皮で作ったクリスピートマトピザを食べた[王子の反応]

焼き上がった餃子ピザを見た瞬間、ウチの王子は「ピザ!ピザ!」と、声に出して喜んでくれましたが・・・

食べ始めたら、普通のリアクション?

てか、普通のピザを食べている感じで、もぐもぐしながらテレビを見ています・・・。

うーん・・・もう少し何かしらのリアクションを期待していたのですが、特に無いですね(笑)

おぉ~! ここで、もう一つのピザに手が伸びたぁ~~!!

そのまま、口に運んだぁ~!

はい、普通に「もぐもぐ・・・。」

どうやら、何の違和感も無く、ウチの王子は普通のピザと感じている様子です。
しいて言えば、小さいピザ?っていう認識があるのみ?
そう感じて貰えたことが、今回は十分成功だと思います。
よかったよかったw

ちなみに、僕も食べてみました。
手前みそですが、ミニトマトの水分が良い感じで、とってもジューシー!に感じられました。

このレシピは、あまり手間はかからないけど、トースターで一度に焼ける数に限りが有るのが、ちょっと難点だなぁ~って気がします・・・

冷蔵庫の中に、余っている餃子の皮があったら是非やってみて下さいね。
一緒に盛付すると楽しいですよ~♪

それでは、今回はこの辺で。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です