【幼児食】トマトとベーコンの卵焼き ~簡単にできるジューシーなスクランブルエッグ~

このレシピは、ちゃちゃっと!ぱぱっと!できるジューシーなスクランブルエッグ。
日曜日の朝にどうでしょう?って感じのレシピです。

使う材料は、ミニトマト、ベーコン、ピーマンたまごバター

ピーマンが苦手な子も多いと思います。
こっそり混ぜてパクパクして貰う期待のレシピw

トマトとベーコンの卵焼きの材料 / 量・調理手順

・材料/量

・たまご 1個
・ベーコン ハーフサイズ1枚
・ミニトマト 一粒
・ピーマン 少量(みじん切り小さじ1杯程度)
・バター 1欠片

・調理手順

まずは、ベーコンとミニトマトを切ります。

ベーコンは、1㎝幅程度に切り、ミニトマトは4等分にカットします。

次にピーマンを、みじん切りで、 小さじ1杯程度の量準備します。

今切ったベーコンと、みじん切りにしたピーマンをラップして、電子レンジで10秒~20秒チンします。

卵をお椀に落として、軽く一つまみ程度の塩を入れて、溶きます。

「 美味しくなぁ~れ!」と言いながら、混ぜれば混ぜる程・・・
焼き上がりが「ふわふわ」になります。

得に「ふわふわ」にしたい場合は、牛乳を大さじ1、2杯入れて、電動の泡立て器を使うと、卵の中に気泡がめっちゃ入って、驚くほど「ふわふわ」になります。

今回はやってないですけどねw

次に、フライパンにバターを入れて、中火か少し弱火で、フライパン全体に馴染むようにバターを溶かします。

バターが全て溶けたら中火にして、溶き卵をフライパンへ注ぎます。

半分くらいに火が通ったら、「ベーコン」「ミニトマト」「ピーマン」を入れて、軽く混ぜます。

卵をフライパンに入れて直ぐ、急いで「ミニトマト」を入れちゃうとトマトの水分で卵が固まり難くなります。
なので、綺麗に仕上がって欲しい場合は、火を弱火にして、ゆっくり余裕を持って卵に火が通るのを待ちましょう。

ミニトマトに火が通り、しんなりしてきたら完成です。

今回は、もう終わりですw

早っw

それでは、お皿に盛付ましょう。

今回は、少量の塩とバターを使ったので、ほんのり優しい味わいになっていると思います。
実際に食べる時には、ケチャップ・マヨネーズ・醤油をお好みで使うと良いかな?

トマトとベーコンの卵焼きを食べた[王子の反応]

ウチの王子は「ミニトマト」が大好きです。
「ミニトマト」を果物と思っているのかな?

喜んで食べてくれました。

ピーマンは「少し苦いから嫌だっ!」って数日前に言っていたのですが、今回は気にせず食べてくれました。

しかも、自分でスプーンを持って、一人で完食です。

いやぁ~嬉しいですねぇ~♪

日曜日の朝は、しばらくの間、お決まりメニューにしようかな?
そんな感じのスクランブルエッグになりました。

色合いが、割と綺麗なので、子供は喜ぶのかな?
あなたの王子、王妃がもし「ピーマン」苦手でしたら、是非試してみてください。

もしかしたら、ウチの王子のように、気にもせず食べてくれるかもしれませんよ?

それでは、今回はこの辺で。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です