【幼児食】キャベツとベーコンのスープ ~作り置きもOKなレシピ~

このレシピは、キャベツとベーコンを冷凍(フリージング)で、作り置きも出来るので、結構重宝します。
土日の時間が有る時に多めに作り、フリージングしておいて、忙しい平日に時々献立に登場させるってどうでしょう?って感じのレシピです。

使う材料は、キャベツ、ベーコン、パセリコンソメ(粉末)

キャベツとベーコンのスープの材料 / 量・調理手順

・材料/量

【1カップ一人分の分量です】

・キャベツ 20~30g程度
・ベーコン ハーフサイズ1枚
・コンソメスープの素 小さじ1杯(粉末)
・パセリ 少量(粉末)

・調理手順 その場で作って、すぐ食べさせる調理

まずは、キャベツとベーコンを切ります。

キャベツを2㎝角程度に、ベーコンは、1㎝幅程度に切ります。

下ごしらえは以上です。簡単です。

鍋に90~110㏄の水を入れ火にかけキャベツを入れて煮込みます。

キャベツがクタクタ?しんなり?するまで、しっかり煮込みます。
じっくり煮込むとキャベツは、口の中でとろけるんですねぇ~。

キャベツがクタクタになったら、切り置きしていたベーコンを入れて、1,2分火にかけた状態で待ちます。

ベーコンが良い感じに煮えたらコンソメスープの素(粉末)を小指1杯入れてかき混ぜます。

出来上がったスープをお椀に注ぎ、粉末パセリを1、2回振りかけて完成です。

今回もまた、簡単調理であっという間に終わりましたw
次は、フリージング目的での作り方を書いておこうと思います。

・調理手順 作り置き、五回分程度の分量

【5杯分くらいの量です】

・キャベツ 120~150g程度
・ベーコン ハーフサイズ2,3枚

キャベツを2㎝角程度の大きさに切ります。
筋はなるべくいれないようにしましょう。

ベーコンを1㎝幅程度に切り、ラップして10秒~20秒程度、電子レンジでチンします。

刻んだキャベツを茹でます。

キャベツがクタクタになるまで茹でましょう。

茹で上がったキャベツを、鍋から取り出し少し冷ましてからフリージング用に小分けします。

ラップに、茹で上がったキャベツ20~30gとベーコン3,4切れを載せ包みます。

同じように、全てのキャベツとベーコンをラップして冷凍庫へ入れたらOKです。

今回の分量だと、4つか、5つ分できると思います。

後は、必要な時に今作っておいた一つを使えばいいってことですねぇ~。

それでは、せっかくなので、実際に食べる時の手順も添えておきます。

ラップしておいたキャベツ&ベーコンを一つ、冷凍庫から取り出して電子レンジで軽くチンします。
マグカップに、キャベツとベーコンを入れ、コンソメスープの素を小さじ1杯入れかき混ぜます。

最後にパセリを1,2振りしたら完成です。

このスープは、本当に手間いらずで最高ですね。

土曜日か、日曜日に家族皆分のスープを作る途中で、5つ分くらいを取り置きしておけば、平日とても楽させて頂けます。

キャベツとベーコンのスープを食べた[王子の反応]

一口食べた瞬間!

親指を立てての、「ぐぅ~!」が出ましたっ!!

こんなに簡単で、こんなに手間いらずな・・・
簡単スープで「ぐぅ~!」が出るなんて・・・

あっ、ちなみにウチの愛息子(王子)は最近、保育園のお友達から学んできたのか?
美味しい物を食べると、親指を立てて、「ぐぅ~!」ってやるようになったんですw

子供はコンソメの味が好きなのかなぁ~?

コトコト煮込んだ甲斐もあって、キャベツも口の中でとろけます。
それも良かったのかな?

非常に喜んで食べてくれました。

このスープは作り置きで、週に2,3回登場決定です!
楽させて貰えて、本当最高!!www

それでは、今回はこの辺で。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です